浅水建設のブログページです。ツーバイフォー住宅に力を入れてます。新着情報やイベント情報などさまざまなことをお伝えします。

  asa.bloのナビゲーター   トップページ > 現場から > こぼれ話  

こぼれ話

2007 - 09/03 [Mon] - 17:06

住宅街で新築工事をし、
その後オープンハウスを行いますと
ご近所の方も大勢見に来てくださいます。
着工から仕上げまで
イヤ!でも目に入るわけですから
そうなれば
「中はどんな感じ~」と興味を持って
頂けるのは光栄です。

今回モデルを建設しました
登別市若草町の土地は
55坪と比較的小さく、急傾斜地でした。

しばらくの間は、「売り地」として
看板を立て、広告等もしておりました。
お問合せも何件かあったのですが
なかなか先に進みませんでした。

「お客様はこの土地をどのように使ったらいいのか
 イメージがわきにくいのではないだろうか?」
ん~~~・・・
それならモデルハウスを建てましょう!となったわけです。

実際に見にいらしたご近所の方は
「アノ土地にはどんな建物が建つのだろうと思った。」
と口にされる方が多かったです。

「斜面を活かしてガレージね~」
「こういう間取りになるんだね~」と・・・

2階にバスルームがあること。
そのためにホビールームが取れたこと。
新鮮な驚きを持って聞いていただきました。

また当然の事ですが
地盤調査をし、その結果杭工事も行いました。
当社としては標準の建て方でした。
ですが
「ずっと基礎から見ていたけどガッチリした造りだね~」
というお言葉をいくつか頂きました。

コレは前回の室蘭市増市での現場でもありました。
「柱と柱の間が狭いよね。あれだけ木を使ってれば安心だね」と・・・

嬉しかったです。
出来上がりを褒めていただくのと同じくらい
とても励みになりました。

住宅街での現場は見る目も厳しいものです。
それだけに、ご近所の方々の感想はとても参考になります。

ご近所のみなさま。
工事中はお騒がせしました。
そして
ありがとうございました。

20070825135156.jpg

関連記事
スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

1980年代からツーバイフォー住宅を手がけてます。輸入住宅が主流ですが、色んなスタイルを手がけています。

Author:1980年代からツーバイフォー住宅を手がけてます。輸入住宅が主流ですが、色んなスタイルを手がけています。



北海道伊達市で輸入住宅を中心に取り扱っております。
住宅そのものだけではなく、家具やカーテン、アクセサリーにいたるまで国内外のネットワークを駆使して、スタイルを追求されるお客様の「暮らし」をサポートいたします。

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

リンク